English Jam

BLOG

2018年10月31日

アメリカ人のハロウィンの過ごし方

 

最近の日本では、ハロウィンが浸透してきて、

仮装して出かけたり、学校や幼稚園でお菓子を交換したり、

と日本式にアレンジされたハロウィンを楽しんでいます。

 

 

 

 

 

では、実際にアメリカ人が過ごすハロウィンはどんなものでしょう?

 

 

 

 

 

 

まず、ハロウィンはいつかというと、

 

毎年10月31日です。

 

 

 

 

 

元々は秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す行事でした。

しかし、長い年月を経て、今では宗教的要素はほぼなくなり、

現代の形となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ人がハロウィンにすることはこの3つ!

 

Pumpkin Carving

 

Costume

 

Trick or Treat

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハロウィンは10月31日ですが、

アメリカ人のハロウィンは、1か月ぐらい前から始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pumpkin Carving

「carve=彫る、彫刻する」という意味で、文字のごとく、

かぼちゃを掘る作業です。そうです!あの顔の形に掘ることです。

これはハロウィンの定番行事で、小さい子供にはお父さんが掘ってあげたり、家族で楽しむ行事です。

学校行事として行うこともあります。

できあがったpumpkinは、ハロウィンの日まで飾ります。

 

 

 

 

 

 

そして、Pumpkin Carvingに使うかぼちゃを買いに行くのが、Pumpkin Patch

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、たくさんのパンプキンが並べてあって、

好きなのを選んで買えるシステム。

大きなものは$20+ぐらいで買えます。

Pumpkin Patchに行かなくても、スーパーやCostcoでも購入可能です。

 

 

 

 

 

 

Costume

若い子ほどコスチュームに気合いを入れていて、

学校ではコスチュームパレードといって、仮装を披露する場があったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

10代後半から20代になると、仮装をして、クラブやバーにでかけます。

友達とお揃いや、映画の人物を複数の友達で再現したり、

企画から買い物、当日のお出かけまで、やる事たくさんですが、

それも含めて楽しみます!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、「どんな仮装をするの?」と聞きたい時は、

「なにになるの?」と聞くイメージ。

A: What are you going to be?

(何の仮装するの?)

 

B: I’ll be Super Man this year.

(今年はスーパーマンになるよ)

 

 

 

 

 

 

 

Trick or Treat

もはや日本でもおなじみのハロウィンといえばの文句ですね。

「何かくれないといたずらしちゃうぞ」と言いながら玄関ドアをノックし、各家庭からお菓子を集めて回る習慣があります。

かぼちゃの形のバッグを、キャンディーでどれだけいっぱいにできるか

を近所の子と競ったりしています。

 

 

 

 

 

 

近所に子供が住んでいる場合は、前もって子供たちにあげるお菓子を大量に用意しておきます。

子供たちはこの” Trick or Treat “をとっても楽しみにしているので、

周りの地域の大人も暖かく見守り参加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Candy huntでもらうお菓子の例。

アメリカのメジャーなお菓子の一口サイズが多いです。

 

 

 

 

 

 

Food

ハロウィンだから、これを食べるってものはないんですが、

この時期はとにかく、パンプキンとシナモン。

秋は、この2つのゴリ押しです。

 

 

 

 

 

 

定番スイーツが、パンプキンパイ。

シナモンが効いていて、パイに生クリームでさらにこってり、

これぞアメリカって味です。

 

 

 

 

 

 

今回は、「アメリカ人がハロウィンをどう過ごすか?」でした。

アメリカの生活を感じていただけたでしょうか?