English Jam

BLOG

2019年03月06日

アメリカで日本のパスポートを更新〜その1〜

 

日本に帰って、わざわざ更新しなくても、

アメリカに居ながらにしてパスポートの更新ができます。

 

 

今日は、アメリカでの日本パスポートの

申請と更新について書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

住んでいる場所によって申請方法が違いますが、

私はロサンゼルス在住なので、

在ロサンゼルス日本国領事館にて手続きをします。

 

 

⬇️在ロサンゼルス日本国領事館ウェブサイト⬇️

https://www.la.us.emb-japan.go.jp/web/m02_01_02.htm

 

 

まず、大まかな流れを説明すると、

◆申請に必要な書類、情報の準備

◆領事館にて申請(だいたい1週間ほどかかります)

◆領事館にて新しいパスポートのピックアップ

 

となります。

 

 

 

まず最初にすることは、下記の申請書類の準備。

 

◆一般旅券発給申請

◆6ヶ月以内に撮影した写真

◆現在所持しているパスポート

◆有効な米国在住資格を確認できるもの

◆戸籍謄本(6ヶ月以内に発行されたもの)

◆現住所を確認できるもの

 

 

 

<一般旅券発給申請書>

オンラインで申請書類を準備、記入することができるようになったので、

今回はそちらを利用しました。

 

 

⬇️書類のダウンロードはこちらから⬇️

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/download/top.html

 

 

上記の “パスポート申請書ダウンロード” サイトを見れば、

記入方法や注意事項等、詳しく記載されています。

 

 

私が、ココは注意!と思った点は、

印刷の際にレターサイズに設定を変更すること!

(設定方法も詳しく記載されていました)

 

 

<6ヶ月以内に撮影した写真>

パスポート用の写真はCVSやWalgreensなどの

ドラッグストアで$14.99 (2枚)撮ることができます。

 

⬇️CVS ($2 OFF クーポンあり)⬇️

https://www.cvs.com/photo/passport-photos

 

 

「パスポート写真を撮りたい」と言えば、1種類しかないので

店員が勝手に準備して撮ってくれるはずです。

所要時間は、5分ほど。その場でもらえます。

私の家の近くのストアは、8:30AM ~ 10:30PMが受付時間でした。

 

 

 

<現在所持しているパスポート>

有効期限が切れている、切れていないに関係なく、

必ず持参すること。

 

申請する際に、現在持っているパスポートを

領事館に預けます。

新しいパスポートを受け取りに来る時に、

古いパスポートも一緒に返されます。

 

 

<有効な米国在住資格を確認できるもの>

永住権、ビザ、I-20等になります。

 

 

 

<戸籍謄本(6ヶ月以内に発行されたもの)>

有効期限が残っているパスポートがあり、

氏名や本籍地に変更がない場合は必要ありません。

戸籍謄本は原本のみの受付です。

 

 

現住所を確認できるもの>

Driver’s license, 自分の名前と住所が載っている郵便物(Utility billなど)

 

 

 

 

全て揃ったら、領事館へ申請手続きに行きます。

 

在ロサンゼルス総領事館 領事部 パスポート係
350 S. Grand Ave., #1700, Los Angeles, CA 90071
電話: (213)617-6700, FAX: (213)617-6725

 

領事部窓口時間 月曜日~金曜日(休館日を除く)
午前9時30分~正午、午後1時~午後4時30分 
(正午~午後1時は、昼休みのため窓口は閉まります。)

 

 

建物に到着したら、1階の受付に行きます。

パスポートを作りに来たと伝えると、IDを聞かれるので見せると、

名札が渡され、17階へ案内されます。

 

 

エレベーターを降りたらすぐに領事館の部屋へと続いています。

たいてい受付の人がいるので指示に従ってください。

私の場合、月曜日の朝10時頃に行きましたが、結構空いていました。

 

 

パスポート用、ビザ用の番号札がそれぞれあるので、

パスポート用の番号札を取り、順番を待ちます。

番号が呼ばれたら、指定の窓口に行き手続をします。

 

 

窓口では、係りの人が提出書類に不備がないか等を

チェックしてくれます。

問題なく用意できていれば、発給手続を開始となります。

 

 

窓口にて、”旅券発給通知書”という、

ピンクの引換券がもらえます。

そこにパスポートの受取日が記載されています。

私の場合、月曜日に申請に行き、翌月曜日が受取日でした。

 

 

受取の際に、ピンクの引換券と申請手数料143ドルが必要となります。

(お釣りのないようピッタリ用意しましょう)

 

 

 

領事館での受取日の詳細は、別日にまた詳しく書きたいと思います。